カントン包茎手術をした術後のケアについて

男性の密かなお悩みにもなるカントン包茎を手術で成功させたら、術後には適切なケアが必要です。
心掛けたいのは患部に対して、強い衝撃や刺激を与えないことであり、いつもよりも自分の身体に気を遣うようにします。
手術をしたからと言ってずっとお風呂に入れないわけではなく、治療を受けた翌日から3日目あたりまでは、シャワーを浴びる程度であれば構いません。
その際に傷口をお湯で濡らさないように注意をするので、ビニールなどを活用して患部に水がかからないようにします。
工夫次第でシャワーを浴びて、身体をサッパリと出来るので、不衛生なまま過ごす心配もありません。ですがまだ術後の4日めから、大体2週間くらいは浴槽に浸かるのは控えることです。
でもこの時期になってくると、患部の状態を見ながらですが、バスタイムに包帯を外しても構いません。
ぬるま湯のシャワーで患部を優しく洗うことができますし、良く泡立てた石鹸で洗い流しをしてキレイにすることができます。
お風呂が終わった後は水けを拭き取り、消毒や軟膏などでケアをして、新しい訪台へと取り換える作業は必要です。
カントン包茎手術をして、15日目以降になったら、湯船に浸かっても構いません。
スポーツなどは出血の可能性もあるので、術後の1週間は控えます。
またお酒に関しては、術後の大体4日くらいは控えることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です